空室のままでのデメリット

空室のままでのデメリット  《 空き家問題に解決に向けて、空き家対策・空き家活用・空き家管理ならまずは無料相談 》

空室のままでのデメリット

空室のままでのデメリット 《空き家管理》

1、一戸建てであれば、庭などの草木が伸び、害虫などが集まりやすい環境になる為、近隣からのクレームに繋がる可能性が高い

 

2、管理されて無い状態が明らかな場合、第三者の立ち入りや、建物へのイタズラや放火、廃棄物・リサイクル品の不法投棄など

 

3、換気を行わない事での建物の急速な劣化を招き、害虫や腐食、カビなどの発生原因となります。

 

4、上下水道への定期的な通水を行わない事での、排水トラップ(排水設備の配管の途中に設けられ下水道の悪臭や硫化水素などのガスを遮断し、屋内へ侵入するのを防ぐ器具や装置、または構造)

 

5、台風や地震でのひび割れや、ズレから水漏れなどを発見が遅れ、壁・床の腐食から場合によっては、建物にとって致命的な躯体部分への被害を防ぐタイミングが遅れ、多額な修復費用が必要に成ることも

 

6、管理が行き届いていなく、近隣から多くのクレームを受けるが放置した事により、将来に渡って近隣との関係が保てなく、いざ物件を利用・売却に至った時に、近隣との調整や協力を頂かないと成らない事がスムーズに済まなくなる

 

7、物件所有者が近隣にいる事で安心をしていたが、例えば熱い夏の時期に通水を忘れていて室内に雑菌や害虫などが発生。寒い冬に物件を確認していなかった、凍結後の水道管等が破裂し、水漏れに気づかなく放置。

空き家の問題・空き対策は岡崎市のピタットハウス北岡崎店へ

空き家管理

空き家対策・活用・空き家管理などの説明は下記から

《空き家管理》岡崎市で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・空室対策

一戸建て・分譲マンション・賃貸アパート・賃貸マンション・一軒家・借家・土地・店舗・事務所・工場・倉庫・借地など不動産の事で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・空室対策の無料相談を承ります。

 

空き家条例・空き家対策・空き家バンク・古民家・激安・補助金・田舎暮らしなどで、空き家物件を探される方がいますが、単純に、激安・お値打ち・安いと思って、借りたり購入すると、あとから大きな出費や被害出る事も有ります。


再建築不可・崖条例・擁壁・土地の形状や接道状況やライフラインの状況で再建築費用が高くなる事もあります。

 

また、昨今アスベスト処理が厳しく成っており、解体時にアスベストが発見されると想定以上に高額になる事もあります。


不動産を持っていたり、相続で贈与され資産が増えたと思っていたら、利活用や売却に苦労するケースもあります。


賃貸・売買・解体・リフォーム・建築など、色んな目線で、利活用や売却を検討されのがよいです。


リフォーム・賃貸住宅管理 ・リノベーション・空室対策・賃貸経営など、ベストな不動産活用・処分を検討が必要です。


迷った時は、ピタットハウス。悩んだ時は、賃貸・売買同時に検討、同時募集で、悩み解決。