定期借家契約で貸す

《 定期借家(定借)で貸し出したい方に 》

定期借家(定借)の不安!!トラブルやデメリット、途中解約や退去費用・再契約など、不安や後悔や経験者から定期借家(定借)は《 やめたほうがいい 》など、ネットで探し出すと口コミや評判などを目にします。

 

貸主・借主・管理会社・不動産業者の各メリット・デメリットを考えて、募集や借りるなどしなければ、問題視されている、空き家問題や単なるコストUPにしか繋がらない事が殆どです。

 

また、経験者からの意見は大切ですが、時代と法律や規制・相場や募集形態なども常に変化しているのが不動産であり、その変動する環境を熟知してのアドバイスや募集方法が必要に成って来ます。

 

貸主(施主・大家・オーナー)の考えと、借主の希望の合致する必要性と賃貸経営からクレーム・滞納・退去リフォームなど総合的に貸出す前に計画が必要です。

 

特に大きな一戸建て(一軒家)・分譲マンションや築浅物件などを定期借家(定借)で貸出する場合は、定期借家(定借)の契約から退去までの事をしっかり把握している専門家に相談された方が良いです。

 

決して大手のスタッフが、定期借家(定借)を熟知しているかと言うとそうでは無いと思います。

 

また、賃貸仲介しか経験が無いスタッフや単なる宅建(宅地建物取引士)や賃貸不動産経営管理士の免許を持っているスタッフとの話で、定期借家(定借)の賃貸経営は非常にリスクが高いですので、必ず、定期借家(定借)に熟知した経験者にご相談ください。

ご所有の不動産を定期借家契約で貸す 《 空き家問題に解決に向けて、空き家対策・空き家活用・空き家管理ならまずは無料相談 》

空き家や、築年数が経ってきた建物を貸すとなると、貸すリスクや大きな費用も発生する場合があります。

 

ただ、すぐには売却や取り壊しなどはしない場合、何もしないと税金を払う為にだけに不動産を所有する事になってしまします。

 

また、大切な建物が入居者がいない事で、劣化が進んだりします。

 

建物は人が住み、空気の入替や給排水を常に使ってないと、カビや害虫の発生が進んでしまいます。

《 解決には!! 定期借家契約で貸す 》

 

定期借家契約で貸す事で、空気の入替や給排水を常に使って貰え、カビや害虫の発生が抑えられるのです!!

 

長期的に貸すには建物が古く、また、将来売却も考えるような時は、定期借家契約で貸すのも一つであります。

害虫

不動産所有者様(大家・施主・オーナー)定期借家契約とは、

定期借家契約とは、あらかじめ定められた期間を貸す賃貸借契約の事で、契約期間が満了すると確定的に賃貸借契約が終了する契約形態です。


※更新も基本的には出来ません。貸主側としての将来の利活用が期限を区切って貸出し出来る契約となります。

 

空き家や、築年数が経ってきた建物など、まだ解体するには少し早いけど、もう少しの間利益を得る方法として、定期借家契約で貸す事をご検討ください。

 

弊社では、転勤や海外赴任中の戸建や分譲マンションを、定期借家契約で結び、帰国や帰郷する際に確実にお戻し出来るようサポートしております。

 

ご不明な点がありましたらお気軽に、お問合せください。

空き家の問題・空き対策は岡崎市のピタットハウス北岡崎店へ

空き家管理

空き家対策・活用・空き家管理などの説明は下記から

《空き家管理》岡崎市で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・空室対策

一戸建て・分譲マンション・賃貸アパート・賃貸マンション・一軒家・借家・土地・店舗・事務所・工場・倉庫・借地など不動産の事で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・空室対策の無料相談を承ります。

 

空き家条例・空き家対策・空き家バンク・古民家・激安・補助金・田舎暮らしなどで、空き家物件を探される方がいますが、単純に、激安・お値打ち・安いと思って、借りたり購入すると、あとから大きな出費や被害出る事も有ります。


再建築不可・崖条例・擁壁・土地の形状や接道状況やライフラインの状況で再建築費用が高くなる事もあります。

 

また、昨今アスベスト処理が厳しく成っており、解体時にアスベストが発見されると想定以上に高額になる事もあります。


不動産を持っていたり、相続で贈与され資産が増えたと思っていたら、利活用や売却に苦労するケースもあります。


賃貸・売買・解体・リフォーム・建築など、色んな目線で、利活用や売却を検討されのがよいです。


リフォーム・賃貸住宅管理 ・リノベーション・空室対策・賃貸経営など、ベストな不動産活用・処分を検討が必要です。


迷った時は、ピタットハウス。悩んだ時は、賃貸・売買同時に検討、同時募集で、悩み解決。