よくあるご質問

お部屋探しについて

お部屋の探す方法はどんな方法がありますか?

1、不動産業者のシステムに直結(Ai物件情報自動配信)しているシステムで探す。

  ※詳しくは、こちらから

 

2、更新が早いサイトを知り、そのサイトを確認する

 

3、予約して店頭に行く

 

4、電話する

 

5、メールで情報を貰う

 

6、SUMMO(スーモ)・at home(アットホーム)などで探す。

 

7、SUMMO(スーモ)・at home(アットホーム)などからの自動送信を受ける

 

8、現地を歩く

 

などの順番で探すと、お部屋は見つかりやすいかと思います

不動産はスピード
水商売・夜の仕事をしてるのですが、契約入居可能でしょうか?

※基本大丈夫です。ご安心ください。

・基本大家様の理解が必要となって来ます。
大家さまの心配されるのは、一番は、夜遅くに帰ってきて、シャワーや、テレビなどで、近隣の入居者に迷惑がかからないのか?
が、一番心配されます。
・弊社担当と良く打ち合わせし、大家様に理解頂ける物件を探す事になります。

建て替えなどでの短期の契約は可能でしょうか?

短期契約は、契約可能です。


しかし、基本大家様としては、長期入居を希望しています。
もちろん、短期専用での募集物件もございます。
基本、1ヶ月前退去の契約が多いため、契約書にのっとって、退去頂ければ大丈夫ですが、選ばれる物件によっても、短期契約なのに、退去費用が多く掛ってしまう可能性がありますので、担当にご相談ください。

友人とのルームシェアー契約は可能ですか?

可能な物件もございますが、基本は厳しい状況です。
大家様の心配されるのは、そのお貸しした、物件が溜まり場になってしまわないか?
他の入居者からクレーム等にならないかです。
良く、弊社担当と話をし、大家様にご理解頂ければ、可能であります。

契約者が外国籍または、入居家族に外国籍の方がいらっしゃいます。

外国籍の方である事を最初に、伝えること

契約者・入居者・保証人の中に外国籍<永住権>の方がいらっしゃる場合必ず、お部屋探し前にお伝えください。
事前にお伝え頂かないと、非常に不利になるケースが御座います。

契約者(入居家族)・連帯保証人が外国籍。

・永住権をお持ちになっている、日本での暮らしが長い、日本語や日本の風習習慣になじんで頂いているかなどは、聞かれる事です。
・一番スムーズな契約は法人契約となります。
入居時に、必要書類等で、必ず調べますので、色んな業者でお断りされてしまっているケースがあるとは思いますが、お部屋探しする際は、必ず担当に伝えてください。
時間をかけて、選んだ物件がお断りされてしまうケースがあります。
スピーディーに、お部屋探しをしたい場合、また弊社担当者も困惑をしてしまいますので、初来場時から伝えましょう。
お客様の内容を正確にお伝え頂かないと、結局契約出来ないなどの、時間の浪費になってしまいます。

外国籍方のお部屋探しは。

日本語が判る方でないと、お部屋を気に入って貰っても色んな説明が出来ません。
また、契約時にも必ず説明<重要事項説明書>が御座います。
法律的な事や、生活習慣などのお話もさせて頂きますので、必ず契約の内容が判る方で御願いします。

外国籍方の必要なもの

法人契約の場合は、法人担当者様とお話させて頂きます。
個人でご来店の、外国籍の方へ
・外国人登録証・社会保険証<仕事がわかるのも>
・印鑑証明書 などです。

アルバイト・フリーターの契約は可能ですか?

・基本厳しい事が多いですが、借りられるケースもあります。
研修期間中で、社員にして貰えない場合であって、将来社員になる予定であれば、会社にその内容を頂けると、アルバイト・フリーターでも、契約が可能となって来ます。

・探すのに非常に大変ではありますが、時間をかけて頂ければ、大家さまによっては、大丈夫な場合もあります。
家賃が継続的にお支払出来るなどを審査されます。

高齢者・年金暮らしの契約は可能ですか?

・基本可能です。
将来に渡っての不安が、大家様が感じる場合が御座います。
もし、何かあったら?
病気になってしまったら?など、
近隣に身内の方が住まいしていますと、話は早く進むケースが多いです。

学生の契約は可能ですか?

・基本不可能です。
・ご両親の契約であれば、全く問題ありません。

学生さんが契約出来ない理由としては、未成年または、収入が無いなどの理由が殆どです。

未成年者での契約は出来ますか?

・結論から言うと、未成年者は契約が結べません。
・契約する方法はありますか?
契約者を、法人または、ご両親であれば可能です。
・年齢的に18歳前ですが、結婚してます。
結婚をされている場合は、青年と扱われ、契約可能です。

 

法人契約

法人契約でのご紹介は、全く問題ありません。


また、法人が指定する、別会社が代行で契約を行う場合も問題ありません。


※良く言われるリロケーション契約はOKです。

費用について

賃貸契約の場合、初期費用はどのくらいかかりますか?

一般的には、およそ家賃の6ヶ月が必要と言われています。内訳としては「敷金」が家賃の2ヶ月分、「礼金」が家賃2ヶ月分、「賃料」が家賃1か月分「仲介手数料」が家賃1か月分となっています。
なお、6ヶ月というのはあくまで目安です。礼金などが不要の物件があったり、また、引越し費用等も含めると、実際にかかる費用は6ヶ月より多いことも考えられますので、できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。

家賃を決めるときの目安はありますか?

家賃は生活費において、毎月支払う必要のある費用のため、支出における家賃の占める割合が高すぎると生活が苦しくなり、申込の際の審査も厳しくなると思われます。
家賃の目安としては、総収入の1/3くらいが目安だと考えられます。また、家賃以外の管理費や駐車場代といった月々にかかる費用も計算に入れる必要があるでしょう。

離婚する予定ですが賃貸は借りれますか?

①離婚後も収入があるか?(社員・パートなど)
②今は働いていないですが。離婚後働く予定・離婚後仕事を探す予定
③離婚後の賃貸を借りるのに、保証人はいらっしゃいますか?
④子供さんはいらっしゃいますか?

 

上記が聞かれるケースで、収入的な事、お子さんが小さいと心配されますので、その点が解決が必要なケースがあります。

彼氏・彼女との入居可能ですか?

・可能な物件も御座います。ルームシェアーでの物件が御座います。


・物件は多いですか?少なめだと思われます。


大家さんが心配されるのは、入居者の入替や、契約者の問題・保証人の問題も出て来ます。


・現在は、結婚前なので、彼氏・彼女のカップルですが、将来結婚予定がありますが、入居可能ですか?
全く問題ないと思います。

賃貸経営について

貸したい方のご相談なら

どんな物件でも対応可能ですか?

すごく古い空き家を貸す相談をしたい

転勤中など期限限定でも募集可能ですか?

海外に赴任・転勤中なども対応可能ですか?

無料相談は何でも受けて貰えますか?

分譲マンションでも賃貸で貸し出す事は可能ですか?

賃貸と売買の募集同時も可能ですか?

入居中のトラブルや管理は?

募集の方法は大手が良いですか?

相談はどんなスタッフがしてくれますか?

 

※上記の件で、賃貸経営でお悩みの方は、こちらから

貸し方
空き家対策・活用・空き家管理なら

《空き家管理》岡崎市で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・対策の無料相談を承ります。

 

まずは下記のご参考を見て貰うと解消するかも

 

※空き家対策・活用・空き家管理ならの説明は、こちらから

空き家問題・対策
賃貸経営の無料相談

アパート・マンション・土地・事業用など、賃貸管理・空き家管理などの無料相談は、ピタットハウス北岡崎店へ

 

《 自主管理のメリット・デメリット 》

《 管理を任せるメリット 》

《 地域密着型管理 》

《 入居者にとってのメリット・長く住んで貰う為に 》

《 対応可能な事 》

《 空き家・海外オーナー様 》

《 ご紹介 》

 

※賃貸経営の無料相談の説明は、こちらから

 

管理の無料相談
無料相談《士業紹介》

不動産業者が全て解決できるわけでない、でも。

 

不動産業者は、多種多様の業態と連携したり、関りを持って仕事を行っています。

 

その為、専門的な事の深い部分は分かりませんが、お悩みの案件の解決する士業がどの士業かをある程度判断可能です。

 

例えば、公正証書を作るのに、弁護士が必要か?

意外とそこまで必要でないケースも多々あるはずです。

 

※下記のリンク先の2つの団体で、不定期ではありますが、無料相談会を行っております。紹介文はHPのそのままを貼り付けしているので堅苦しいかも知れませんが、各士業か連携して無料相談を受ける事が出来ます。

 

※おかざき相談隊(市民活動団体) ・ 不動産クラブ(10士業以上が集まる団体)

無料相談
心当たりあでば管理の無料相談

自主管理・業者に管理について

管理費だけで判断してはダメです。

入居者の選定(審査)は重要すよ。

人気のあるサービスと言われて行った事が、経費の上乗せに成ってないですか? ※結果家賃をあげるか、その分が負担に

サブリースは、メリットもありますが、デメリットと感じたら

 

※上記が気になる方はこちらからご確認ください

管理の無料相談

その他

駅からの徒歩時間はどのような基準で決めているのでしょうか?

不動産表示では徒歩による所要時間をを「 80m = 1分 」と定めています。
道路距離80メートル毎に1分と換算し、1分未満の端数は切り上げて表示するよう定められています。
例えば、道路距離1000mの場合、1000m÷80=12.5なので0.5を切り上げて徒歩時間は、「徒歩13分」となります。

契約について

査定について

売却について

不動産を販売する時に結ぶ「媒介契約」にはどのような種類がありますか?

媒介契約には「一般媒介」・「専任媒介」・「専属専任媒介」の3種類があります。
「一般媒介」は複数の会社と媒介契約を結べますが、仲介会社の報告義務がありません。販売状況の確認などは自ら行う必要があります。
一方で「専属専任」・「専任媒介」は、媒介を依頼した業者以外への依頼はできませんが、報告義務などの責任が仲介会社に発生しますので、販売状況の確認などをする必要がなくなります。
なお、「専任媒介」と「専属専任」の違いはその報告内容などのほか、自ら買主を探すことにおいて「専任媒介」は可能ですが、「専属専任媒介」では不可であるという点もあります。

購入について

不動産購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

売買代金のほかにかかる諸費用としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金などのほか、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料など、また、中古物件などでは仲介手数料もかかります。
一般的に新築物件の場合は、物件価格の3~7%くらい、また中古物件の場合は、物件価格の6~10%くらいを目安とするとよいでしょう。ほかにも引越し代等も見込んでおく必要があります。

競売について

買い替えについて

ローンについて

相続について

税金について