そのまま持ち続ける

未対策で、そのまま持ち続ける 《 空き家問題に解決に向けて、空き家対策・空き家活用・空き家管理ならまずは無料相談 》

そのまま持ち続ける

未対策で、そのまま持ち続ける メリット

1、特になし

未対策で、そのまま持ち続ける デメリット

1、定期管理をしていないことで、将来建物から生まれる故障費用や近隣からのクレーム対応に追われる。

 

2、建物の風化で、行政指導がはいる可能性がある。


特に危険性があるような建物は、空き家条例(あきやじょうれい)と言う、地方自治体の条例が全国的に適用されるように成って来ている。


空き家の所有者に適正な維持管理を義務付けると共に行政として、勧告後、建物の危険性がある場合、行政代執行も過去にある。

 

3、火災や倒壊などで近隣に大きな迷惑と被害がかかる


また、空き家は、一般的な住宅物件の火災保険ではなく、一般物件として、保険の加入または、変更が必要となります


ただ、一概に空き家だから、一般物件の保険に必ず入る必要があるのではなく、それぞれの状況で、一般物件用の保険に、加入または変更が必要です。

空き家の問題・空き対策は岡崎市のピタットハウス北岡崎店へ

空き家管理

空き家対策・活用・空き家管理などの説明は下記から

《空き家管理》岡崎市で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・空室対策

一戸建て・分譲マンション・賃貸アパート・賃貸マンション・一軒家・借家・土地・店舗・事務所・工場・倉庫・借地など不動産の事で、空き家でお悩みの際は、空き家問題・空室対策の無料相談を承ります。

 

空き家条例・空き家対策・空き家バンク・古民家・激安・補助金・田舎暮らしなどで、空き家物件を探される方がいますが、単純に、激安・お値打ち・安いと思って、借りたり購入すると、あとから大きな出費や被害出る事も有ります。


再建築不可・崖条例・擁壁・土地の形状や接道状況やライフラインの状況で再建築費用が高くなる事もあります。

 

また、昨今アスベスト処理が厳しく成っており、解体時にアスベストが発見されると想定以上に高額になる事もあります。


不動産を持っていたり、相続で贈与され資産が増えたと思っていたら、利活用や売却に苦労するケースもあります。


賃貸・売買・解体・リフォーム・建築など、色んな目線で、利活用や売却を検討されのがよいです。


リフォーム・賃貸住宅管理 ・リノベーション・空室対策・賃貸経営など、ベストな不動産活用・処分を検討が必要です。


迷った時は、ピタットハウス。悩んだ時は、賃貸・売買同時に検討、同時募集で、悩み解決。